RSS | ATOM | SEARCH
映画「さとにきたらええやん」

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



ネット上で、情報を目にし、予告編も見て、「名古屋でも上映してくれんかなあ」と思っていた映画、「さとにきたらええやん」が、先日からようやく、今池の名古屋シネマテークで上映が始まり、「見逃さないうちに」と、山積みの仕事をおっぽり出して見てきました。

映画の舞台になっているのは、”日雇い労働者の街”として知られる大阪市西成区釜ヶ崎で30数年、子ども達に誰もが安心して過ごせる居場所を提供している「こどもの里」。

今でこそ、”子どもの貧困”が社会問題として取り上げられるようになり、「子ども食堂」なる取組みが盛んにマスコミに取り上げられるようになりましたが、この「こどもの里」のコンセプトはより過激(?)で、掲げる謳い文句は、
・誰でも利用できます。
・子どもたちの遊びの場です。
・学習の場です。
・生活相談、何でも受け付けます。
・教育相談、何でもききます。
・いつでも宿泊できます。
…緊急に子どもが一人ぼっちになったら
…親の暴力にあったら
…家がいやになったら
…親子で泊まるところがなかったら
土・日・祝もあいてます。
・利用料はいりません。

これ、完全に「子どもの居場所」って概念をはみ出してると思うのですが、誰でも、自分だけでは抱えきれない問題があれば、ここへいけば受けとめてもらえる場所っていうのがコンセプト。誰か困ってそうな子や人を見かけた時に、子ども等が誰彼なく「そんなら、さとにきたらええやん」と声をかけるセリフが、そのまま映画の題名になったんだとか(以上、パンフレットからの抜粋)。

映画は、発達障害がありながら、明るくやんちゃな自転車大好き5歳児、マサキくん、軽度の知的障害にコンプレックスを抱え、学校での交友関係でも悩みを抱えながらも、「里」では、明るくムードメーカーを務める、中学生のジョウくん、複雑な事情で、シングルマザーのお母さんと共に暮らす事ができず、「里」で生活しながら学校へ通う、高3のマユミちゃんの、3人の子どもの日常を中心に、親の事情も絡めながら、「里」や地域の日々を、淡々と描いていきます。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 22:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
遊びへの大人の介入はご法度にして欲しい

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



少し前に教室で取り上げた「竹返し」。

竹返し 見本画像

ほぼ、同世代のカミサンは全然知らなかったようなので、やはり男の子の遊びだったのか、それとも、ローカルな遊びだった?

「竹返し」って呼称が付いてますが、実際は、あまりチビていない鉛筆を使ったり、ボールペンをかき集めたり、サイコロでも似たような遊び方をよくした覚えが(当時の男子小学生は、筆箱の中にサイコロが5つ入っているのが割に普通でした。これも、ローカルな風習かもしれませんが(笑))。

遊び方は単純で、手の甲に乗せてさっと手をひっこめ、宙に浮いている間に何本掴めるかが勝負。

これが基本で、後は、その場その場で変則のルールを考え出し、遊び方を変えるのが当時の子ども流。

カミサンも、お手玉では似たような遊びをしたそうなので、女子はお手玉、男子は、木や竹、サイコロ等、ってパターンだったのかも。

実は、この、自分達で様々なルールを造り出し、いかに楽しみ方を膨らませるかが、子どもの遊びにとってはキモとなる部分。

たまたま自分が幼い頃から育った家は、2つの学区の境目に建つ家で、学校の友達と、家に帰ってからの遊び仲間は学区が別々だったりしたので、ミニ野球といった趣の三角ベースを例にとっても、学区ごとに微妙にルールが異なるので、両方の学区のルールに習熟しているのが、ちょっと自慢だったところも。他愛ないと言えば他愛ないんですが(笑)。

自分達で遊び方を工夫するといった面も、子どもの成長にとっては大事な要素ですが、それ以上に、いかにゴタゴタ揉めることなく遊べるようにルールを決めるか、いかに皆の意見をまとめるか、といったような部分が、それぞれのコミュニケーション能力を鍛える、貴重な機会となっていたのですな。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 22:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
今の時代、自分で考え歩いていける人間に育てないとねエ。
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


5月は、大昔、設立の準備段階から何かと関わり(というと大げさで、主に外野から勝手な意見を言わせて頂いただけですが)、設立後何年か出張講師を務めさせて頂いたフリースクールの年に一度の同窓会のある月。

ここ2年ほど都合が合わずにスルーしてしまっていたので、今年も仕事が厳しい状況で、そんな席にのこのこ出かけていては自殺行為に近い状況だったんだけど、つい後先考えずに行ってきちゃいました。「ちょっと顔を見るだけなら」って感じで出かけたんだけど、所詮無理。しっかり夕方6時近くまで話しこんじゃって、この辺りの意志の弱さは、子どもの頃からあんまり変わってない(笑)。

運営していたスタッフの皆さんの元気な顔が見られるのももちろん嬉しいですが、なにせ、かつての不登校児達が今の伴侶と共に幼いこの手を引いて登場したりするんですから、そりゃ感慨深いものが。

自分が一緒に工作や算数、数学(といっても、魔法陣とか折り紙を使った多面体造りとか、興味を掘り起こす事に主眼を置いたイベント的な内容が主でしたが)とかに取り組んだ連中は、既にほどほどの年齢の社会人に。

オーナーシェフとして複数のレストランを経営する子、企業のオフィス設計や金融機関の店舗デザイン等の世界で着実に実績を積み重ねている子、若手の陶芸家として作家の道を歩んでいる子(先達て、某所で偶然作品が展示してあるのを見つけちゃったんですよね(笑))等、既にしっかり社会人としての自分の立場を固めた感じの子達もいれば、もちろん、働きながらも未だ自分の道を模索中といった感じの子もおりますが、どの子も、ちゃんと自立し、自分の意思や考えで歩んでいるところは共通しており、学校へ行くのを止めた事で、一旦敷かれたレールからドロップアウトし、自分なりに模索しながら歩みを進めてきた事が決して無駄ではなかったなあ、と、今更ながら感じました(もちろん、それぞれに平坦な道のりではなかったでしょうが)。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 21:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
自主性を育てる
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


確か、昨年だったと思うけど、文科省が「日本の大学生は、自主学習の時間が諸外国の大学生に比べて、極端に短い」と大学生の学習時間を調査した結果を公表、「もっと自主的に学習に取り組む施策が必要」とかって見解が報道され、「大学に入ってまで、毎日の過ごし方、逐一世話やいてどうすんだよ!!」と思いましたが、最近、またまた、ネット上で、「日本の大学生が海外からナメられてる」とかって記事が話題になったり、某経済紙が「小学生より勉強しない日本の大学生」といった内容の特集記事を載せたりしているのを見て、改めて、子育て、教育に対する「過干渉」の根深さに気づかされました。

大学生達の日常の姿は、それこそ、小中高で毎日過ごしてきた日常生活の積み重ねの結果なので、彼我の大学生の姿の違いを見て、自分らが子ども等に過ごさせてきた、子育てや教育の諸外国との差を反省するならまだしもなのですが、それに対する反省は棚上げして、大学生になって尚、プライベートな時間の自主学習まで強制しようとする(だいたい、強制したんじゃ、自主学習じゃねえし)姿勢には、流石に呆れます。

以前、子育てに対する大人の捉え方として「子ども性善説と性悪説」という話を書きました。

日本の現状では、「子ども性悪説」に立つ大人が圧倒的に優勢で、子どもに社会人として独り立ちするための教育を施す義務教育の場の学校にしてからが、「子どもの好きにさせておいたら、ロクな事しないから、なるべく、好き勝手できる時間は少なくしないと」って論理で、「学習習慣を身につけさせる」という怪しげな理屈で、毎日の授業はおろか、夏休み、冬休み等の長期休暇の際まで、大量の宿題を子どもに課したり、放課後だけでは飽き足らず、授業前から、本来は休みの日のはずの、土曜、日曜まで部活に駆り出す等、なるべく自由に過ごせる時間を短くする事に腐心しております。

近頃は、親の方にもその傾向が強く、共働き家庭が多い事もあって、各種の塾やお稽古ごと、スイミングやサッカー等のスポーツ系クラブや、民間の学童や官制の児童クラブ等放課後クラブ等で学校終了後の1週間をなるべく隙間なく埋める事に知恵を絞る親が一般的。

子どもは、「何をしようか」と考える暇もなく、上から次々降ってくる「やらなければいけない事」をこなすだけで、フウフウ言っている状態で小中高の12年間を過ごして大学へと至るわけで、ようやく大学に辿り着いて、気が抜けたような状態になっても、そりゃ、親と学校が共同作業で、子どもを追い回した結果の話。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 21:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ハンカチの法則
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


「長所を伸ばすか、短所を治すか」

これ、子育てや教育のみならず、プロスポーツの選手の育成の場などでも議論になる問題。

個人的には、絶対に、その子の得意な部分、黙ってても一生懸命になれる分野を伸ばす方向で考えるべきだと思うんですが、「普通の子」といって思い浮かべる子どもの姿が、「完全無敵のスーパーマン」的は子ども像だったりしがちな親御さんの目には、ついつい、その子の不得手な領域、欠けている部分が目についてしまうようで、短所をどうすれば少しでも目立たなく出来るか、って方向に考えが向かいがち。

そもそも、長所、短所自体、裏と表の関係で、体力があり余っていて体を動かす事が好きな子、何でも一度は試してみたがる子も、「元気がある」、「やる気がある」、「積極的」と見れば長所、逆に、「落ち着きがない」、「集中力が続かない」とかって見れば、短所って事に。外遊びよりも、静かに本を読んだり、手芸とかの方が好きな子を「落ち着きがある」、「根気がある」と見れば長所となるし、「運動が苦手」、「積極性がない」ととらえれば短所って事になってしまうわけで、両方満足って事はありえないんですが。

ただ、人間、生れ持った性質で子どもの頃から、育て方や教育では変える事の出来ない本質的な部分もありますが、幼少期から大人に至るまでの長いスパンで見れば、ちょっとしたきっかけで幼い頃の姿からは想像もつかない姿に豹変したりする例も、そう稀な事ではありませんので、目先の結果に一喜一憂するのではなしに、将来どんな大人になるのかを楽しみにしながら、人間としての基本的な姿勢だけはしっかり身に着ける事ができるようしっかり見守っていく事が肝心ってところだけは確か。

たくましく豹変する際のキーポイントは、自分に自信を持つ、だったり、自分なりの目標が出来る、といった辺り。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 22:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
教育、子育ては、10年後、20年後の子どもの姿を見据えて
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


一年の締めくくりのこの時期になると、自分達の過ごす1年と、子ども等の1年との密度の濃さの違いを改めて思い知らされ、反省させられるとともに、子等の成長に感慨深い思いを味わされます。

特に、幼児期から小学校低学年ぐらいの時期の1年、1年の成長のスピードは、長年つきあってても驚かされるものがありますからねえ。

ノコギリの扱いひとつとっても、ちょっとコツのいる切り始めだけ手助けしてやり、竹1本切り落としただけで、「やったぁ!!」って感じに、感激の面持ちだったのはついこの間のように思う子が、今じゃ、ちょっと抑えるのを手伝ってやるだけで、ひょいひょい竹や板を切っていきますからねエ。

まあ、子どもに寄り添う事を生業としていると、ぐんぐん成長していく子ども等はいつか旅立ち、さほどの成長もない自らは置き去りに、っていうのは宿命みたいなもので、またそれが、淋しくもあり、嬉しくもあり、といったところなんですが。

一番成長を感じるのは、やはり、1、2度の失敗じゃめげないところかな。手造りおもちゃなんて、造って即、うまく行くなんて事は稀なぐらいなんで、しつこく調整したら、最後には上手く行くって体験を何度もしてるのは、貴重な財産になると思います。近頃、子ども達がそういった体験をする機会が、ほんと、失われてきているだけにね。

技術的な事や、そういった精神的な面で成長を感じるのですが、それ以上に重要な、発想の豊かさや自己表現の多様さといった面では、逆に、学年が上がるに従って乏しくなってくる感じがするのが、ほんと残念。

これは、自分が学習塾や工作教室といった仕事を始めた30数年前にも強く感じていた事なんですが、現在に至るまで似たような状況、というか、かえって悪化している感も。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 18:37
comments(2), trackbacks(0), pookmark
「楽しい」から始めてみませんか
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


先日の造形教室(シニアクラス)で取り上げたのは、写真のブラシモーターカー。

ブラシモーターカー


靴ブラシや洋服のブラシ等に電動歯ブラシや小型のマッサージ器等(要は、モーター内臓でブルブル振動するもの)をテープ等で貼りつけると、振動で動くオモチャができるというのが原型で、元々の名は、な、な、なんと、「振動ゴキブリ」(笑)。

模型用のモーターを使った造り方が、「おもしろ実験・ものづくり事典  左巻 健男、内村 浩 著(東京書籍)」で紹介されていて、名前だけ、もうちょいらしい名前をと、たまたまネットで見かけた名前に変更して取り上げてみましたが、案の定、子ども等には大ウケ(笑)。

先の本では、ワイヤーブラシひとつに電池ボックスとモーターを取り付け、電池ボックスのスイッチで、電源を入れたり切ったりするタイプと、写真のように、リモコンスイッチで操作するものとが紹介されており、当教室では百戦錬磨の小3組とはいえ、モーターを使ったような工作は今回が初めて、ドライバーさえ握った事があるのかどうかって子達なのに、木ネジでモーターや電池ボックスを固定したりといった作業もあるので、少々迷ったのですが、「やっぱり、リモコンで操作で来た方が楽しいよな!」との誘惑に勝てず、2つのブラシを連結させたリモコンカーの方を選択。

予め、電池ボックスは組み立てておいたり、位地合わせの必要なリモコンの土台の方だけは下穴を開けておく等、準備段階で多少の配慮はしたのですが、「少々、組み立てに手こずるかも」ってこちらの心配は、全くの杞憂に終わり至ってスムーズに完成。かえってこちらが拍子抜けしたぐらい。まあ、小3という年齢に加え、キリで穴を開けたり、ノコギリで竹を切ったり、ラジオペンチやニッパー等を使ったり、散々、色々経験してきてる子達ですから、改めて経験の力を感じましたねえ。

事前にさりげなく試作品を気付く場所に出しておいていじらせ、「造りたい」ってモチベーションを高める作戦が当たったって事も大きいかもしれませんが(笑)。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 16:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
「発達障害」ってレッテルだけ貼ってもねえ。ってお話。
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


千種区の方で、学習塾と工作教室を運営しながら、不登校だ、学力遅れだとやり始めた頃は、まだ発達障害の知識が今ほど一般的ではなく、学習障害などもまだまだニュースで取り上げられているような段階。よほどの専門書ならどうだったかは分かりませんが、本屋で関連書籍探してもほとんど見当たらない状態で、今ほどネットで色々な情報を得られる時代でもなかったので、言葉だけが独り歩きしているって感じを抱いてました。

発達障害って騒がれたのに続き、今度は学習障害。共に不登校児の支援に取り組んでいるような塾仲間の中には、「そんな、次々、病気のレッテル貼ってどうすんだ!!」って激しく反発する向きも多かったです。

反発するには反発するだけの理由もあって、元々自分も含め「学校には行けなくても勉強はしたいって子等が学習できる環境を」とか、「試験でいい点を取るための勉強じゃなくて、分かる楽しさを教えたり知りたい欲求を満たすような姿勢で教えたら、落ちこぼれなんていなくなる」ってな事を考えながら子どもに勉強を教えていた連中ですから、一斉授業は一斉授業で行いますが、最終的には、ひとりひとりの生徒との一対一の格闘技って状態に。

「何とか、少しでもこの子に、分かる楽しさ教えたい!」と思うと、発達障害うんぬん以前に子ども達の個性は千差万別ですから、計算問題等は飲み込みも早く、能力も高いのに文章題になるとサッパリの子。文字式や方程式、関数等の抽象的な概念が理解できない子。そもそも、深く考えるのが面倒で、ひたすら要領よくやり方を暗記しようってスタンスの子。深く考えず、我流のやり方で、取りあえず、早く答を出そうとする子や、逆に、考え込んでしまって、自信が持てないとなかなか動き出せない子、等々々々…。

どの子にも分かる楽しさを味わってもらおうと考えたら、その子その子に合わせた教え方を考えざるを得ず、色々な教具を考えだし、算数の学習なのに、理科の授業かと勘違いされそうな実験器具を持ちだしたり、その子の学習の進み具合に合わせて専用の学習プリントを用意したり、ひたすら子どもの特性に合わせた指導方法を編み出すための自分の引き出しを広げる事に腐心してましたから、「特定の子を取り上げて、学習障害と診断する事に何か意味があるの?」って気持ちや、「子どもなんてみんな少しずつ得意も不得意も異なるのにどこで線引きするの?」って辺りは、疑問に感じましたね。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 21:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
「現代の小学生:82%がマッチ使えず」って、それがなに?
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


先日、仕事の合間に「ちょっと休憩」って感じで、ネットの最新ニュースの一覧をぼぉ〜と眺めていたら、飛び込んできた見出し。

「そんなの調べてどうすんの?」と反射的に思ってしまいましたが、一応、中味を確認すべく、ニュース本文を開くと、象印マホービンって会社が、今年5月、実施した子どもの生活体験に関する調査の結果を、同社が同じ内容で20年前の1995年5月に行った調査の結果と比較したものを記事にまとめたものでした。

他には、『「包丁でリンゴの皮をむくことができる」、10.1%、「缶切りで缶詰を開けることができる」、20.7%、「タオルを絞ることができない・子どもにやらせたことがない」、計19.7%』等の調査結果も。

「包丁でリンゴの皮をむくことができる」なんて言うのは、いつもやり玉に挙げられる項目で、いかにも「今の子ども等は」と顔をしかめて言いたい向きにはかっこうの材料なんでしょうが、いくらなんでも、今どき、「マッチが使えるか使えないか」は、子どもの生活能力を測る物差しとして妥当なのかどうか、って話だと思うんですが。

そもそも、スーパーやホームセンター、百均等を回っても、マッチなんて、かろうじて、お墓参りのグッズを集めた売り場で辛うじて生き残っている状態。たぶん、家に仏壇があったり、定期的に墓参りに出かけるようなお宅じゃないと、家にマッチなんて置いてないだろうし、それすら、ライターやチャッカマンで代用しているお宅もあるぐらいで、「マッチを使える」以前に、マッチってものを見た事がある子すら限られる状況かと。

そんな項目を今さら取り上げて、「子どもの生活能力が」といった論調で「いかにも問題」的に取り上げるよりは、「電子レンジで食品を温める事ができるか」とか、「ポットからお湯を注いで、カップラーメンを食べる事ができるか」とか、他に今どきの子ども達の生活力を測る調査項目はたくさんあると思うんですが。
続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 22:39
comments(2), trackbacks(0), pookmark
「おたく」の勧め
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


少し前の「SWITCHインタビュー」というEテレの番組で、クニマスの発見で単なる魚おたくとしては片付けられない評価を得たさかなクンと、歴史番組のレギュラーも務め、「武士の家計簿」というベストセラーも持つ歴史学者、磯田道史との、謂わば、「魚おたく」と「歴史おたく」の組合せという取り合わせの回があり、鳥おたく、生き物おたくと言われるような性癖のある自分としても、どんなやり取りになるのか非常に興味があって、録画してじっくり見たのですが、それぞれおたくを極めたご両人ならでわのやり取りが単に面白かっただけではなく、子育て、教育といった面からも、示唆に富んだ発言が飛び交い、「おたく」あなどるべからず、という印象を改めて持ちましたねエ。

魚と歴史という特に接点も感じられない分野のおたく同士なのに、さかなクンの持ち出す魚の話題に、磯田さんが江戸時代の漁業や食生活事情を持ち出して話を掘り下げたり、逆に、磯田さんの提示する江戸時代の古文書にさかなクンが魚の知識で応えたり、「おたく」の知識の極めっぷりも見事でしたが、磯田さんの「前方後円墳の土をペットボトルに詰めて繋げたら、ハワイまで届くかどうか計算したかったので算数の勉強をした」とか「知りたい事を調べるためには古文書を読む必要があったので、国語を勉強した」とかって話は、正に「そうそう!それそれ!!」って感じが。

好きな事を究めようとすれば、自然と興味が広がるし、自分で必要を感じて自ら学んだ事は、一生忘れないし、しっかり身につくんで、何より好きな事、興味を感じる事を見つけるのが一番大事なところなんだけど、逆にそこんところが実際の教育では一番おろそかにされちゃってる状況。
続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 21:37
comments(2), trackbacks(0), pookmark