RSS | ATOM | SEARCH
ガリガリプロペラ(肥後トンボ)
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


ガリガリプロペラ(別名、肥後トンボ。ガリガリトンボという名前で紹介される事もあるようです。)は、細長い棒を角棒等でこすり、振動によって、先端のプロペラを回転させる伝承オモチャです。

観光地での土産物では、竹の本体の先に竹のプロペラをつけて、竹の棒でこするタイプのものもあるようですが、今では、下の写真のように、角棒の先の一部を波型に削り、角の部分をこするのが、ごく一般的なタイプ。

ガリガリプロペラ作例1 ナイフで削る基本形


波型部分を上に向けると、左角をこすったときと、右角をこすったときとで、回転の向きが逆になるのも面白く、単純なオモチャですが、子ども達にはけっこうウケるオモチャのひとつです。

肥後の神や小刀等を使い慣れていない子ども達には、波型部分を削る際、彫刻等を使用して削らせた方が、削りやすいかもしれません。

どちらにしても、まだ指に力のない低学年等にはハードルが高いので、削る代わりに、太さ、1.5〜2ミリ程度のアルミ線をらせん状に巻き付ける方法でも、造る事ができます。

ガリガリプロペラ作例2 削る代わりにアルミ線を巻き付けたもの


こちらは、やはり棒の部分をアルミ線を巻き付ける方法で造り、プロペラの部分のみ、竹で造ってみました。

ガリガリプロペラ作例3 プロペラ部分を竹で造った豪華版w


棒部分の振動がプロペラの軸に伝わればいいので、指で握る部分にギザギザの付いたカッターナイフの柄や事務用のボールペン等でも、先にプロペラを固定すれば、同じように遊ぶ事ができます。

また、角棒でこする代わりに、電動歯ブラシ本体や百均で手に入るバイブレーター等を押し付けても、プロペラを回す事ができます。

単に先端でプロペラが回るだけの事ですが、うまくクルクル回ってくれると、大人でも快感が(自分だけかもしれませんが(笑))。

さほど、造るのに手間のかかるオモチャでもないので、一度試してみて下さい。


■これまでに取り上げた「手造りオモチャの造り方」の一覧、順次更新中(。かなり内容が多くなってきたので、2ページに分けました。→ 手造りオモチャの造り方一覧(元気編)
 手造りオモチャの造り方一覧(科学編・しっとり編)


どろん子造形教室@ほぼ名古屋生徒募集中

活動内容の詳細はこちらから ⇒⇒⇒ スケジュール 一覧

少し前から、学習の指導も始めました。「子ども達に分かる楽しさを知ってもらおう」という趣旨で、学習や学校生活でのお悩み相談にも応じておりますので、お困りの事等を抱えておいでの方は、特に費用等は頂きませんので、お気軽にご連絡を。

※ツイッターアカウントは @dorasuky
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 16:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://doronko.officeuk.biz/trackback/139