RSS | ATOM | SEARCH
綿菓子製造機
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


お祭りの屋台等で人気投票したら必ず上位に来る「綿菓子」。

「おもしろ実験・ものづくり事典  左巻 健男、内村 浩 著(東京書籍)」に造り方が出ていたのを見て、大昔の造形教室で試した際、子ども等にバカ受けしたのを思い出して、作ってみました。

下が、その試作機。

「綿菓子製造機」見本


本の中では、割りばしの切り込みの入った方でモーターの回転軸を挟んで細い針金で留める方法が書いてあったんですが、手先がぶきっちょの私では結果がイマイチだったので、細めのヒノキ棒を直接モーターの軸に接着。その先に、グラニュー糖を包み込んだアルミホイルを細い針金で固定して試してみました。

ホイルの端に、ブスブス画鋲で穴を開けて、アルミホイルで覆った段ボールの中でアルコールランプで加熱。

アルミホイールで覆った段ボールの中で、アルコールランプで加熱


プ〜〜ンと香りが漂ってきたタイミングでモーターを回すと、段ボールの側面に綿菓子がくっつくので、製造機を引き上げて、アルコールランプの灯を消し、割りばし等でからめとります。

前にやったときは、缶コーヒーの空き容器の口に長めのボルトとナットを固定。それをモーターの軸に固定して作りましたが、缶コーヒーの内側のコーティングに微量の環境ホルモンが含まれるとかで、直に缶を熱すると、造った綿菓子の中に溶けだしたものが含まれる可能性があるとかで、アルミホイルを使うようになったらしいのですが、ホイルの形をうまく整えないと、回転が安定しないのと、材料のグラニュー糖を追加するときには、ホイルを交換するときの着脱が面倒なのが難点かな。

現在、研究中なので、また、いい方法が見つかれば、改めてご紹介しますね。



■これまでに取り上げた「手造りオモチャの造り方」の一覧、順次更新中(。かなり内容が多くなってきたので、2ページに分けました。→ 手造りオモチャの造り方一覧(元気編)
 手造りオモチャの造り方一覧(科学編・しっとり編)


どろん子造形教室@ほぼ名古屋生徒募集中

活動内容の詳細はこちらから ⇒⇒⇒ スケジュール 一覧

少し前から、学習の指導も始めました。「子ども達に分かる楽しさを知ってもらおう」という趣旨で、学習や学校生活でのお悩み相談にも応じておりますので、お困りの事等を抱えておいでの方は、特に費用等は頂きませんので、お気軽にご連絡を。

※ツイッターアカウントは @dorasuky
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 19:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://doronko.officeuk.biz/trackback/132