RSS | ATOM | SEARCH
毛糸のポシェット
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


今回は、厚紙のカードを簡易の織り機に毛糸を使ったポシェットの造り方をご紹介。

下はその完成見本。

完成見本


ネタ元は、当ブログでたびたび登場の 「ものづくりハンドブック」 です。

「ものハン」では、ハガキを半分のサイズにしたものを使ってますが、ここでは、台紙に、制作途中で折れ曲がったりしにくいように板目表紙をハガキ・サイズに切ったものを使ってます。


●造り方

まず、上下に5ミリ幅で長さ2〜3ミリ程度の切り込みを入れ(両端はハガキの端から2.5ミリの位置に)、まずタコ糸で縦糸を張ります。

先ずは、開始位置の左上の端にしっかり糸を結び、そのまま下に下ろして真下の切り込みにかけて裏側へ。

左上の端にしっかり糸を結んで下に引っ張り、裏に通します。


ぐるりと一周したら再度端の切り込みに引っかけて、ひとつ横の切り込みに移動。

再度真っ直ぐ上まで持って来たら、溝にひっかけてお隣の溝へ通して裏側へ。


今度は、裏側から表側に一周、再度ぐるりと裏を回って一つお隣に。

真下の溝にかけてぐるりと一周して表側の上まで来たら、今度はぐるりと裏側を通してお隣へ。


後は、右の端まで同じ事の繰り返し。

後は、これを右端にたどり着くまで繰り返します。


一番最後の右下端の部分は、上にかけずに、下でブラブラしたままにしておきます。

一番最後の右下端だけは、上にひっかけず、ブラブラしたままの状態に。


横糸は、適当な長さに切った毛糸を、交互に縦糸に通していきます。

今度は、横糸の毛糸を上下、上下と互い違いに通していきます。


毛糸を足したり、色をかえる際は、ちょっと長めに重ねるようにします。

後は、できるだけ隙間のないように毛糸針で下に押さえながら、これ以上押し込められないぐらいまで、横糸を詰め込み、最後に台紙を抜き取って完成です。

応用で、三つ編みで編んだ肩ヒモを付けたり、大きめボタンを使って口を閉じられるようにしたりと、工夫してみましょう。


ハガキ・サイズは、後で利用する際は便利な大きさですが、完成までにはけっこう根気が。

最初に取り組む際は、「ポケット・ティッシュが入る程度」って感じに、極太の毛糸を使って、ハーフサイズから始めた方が無難かも。


■これまでに取り上げた「手造りオモチャの造り方」の一覧、順次更新中(。かなり内容が多くなってきたので、2ページに分けました。→ 手造りオモチャの造り方一覧(元気編)
 手造りオモチャの造り方一覧(科学編・しっとり編)


どろん子造形教室@ほぼ名古屋生徒募集中

活動内容の詳細はこちらから ⇒⇒⇒ スケジュール 一覧

少し前から、学習の指導も始めました。「子ども達に分かる楽しさを知ってもらおう」という趣旨で、学習や学校生活でのお悩み相談にも応じておりますので、お困りの事等を抱えておいでの方は、特に費用等は頂きませんので、お気軽にご連絡を。

※ツイッターアカウントは @dorasuky
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 22:07
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
こういうの始めると、日頃、ジバニャンがどうとか、ウィスパがどうとか、騒がしい連中が、目つきが真剣になって静かになるのも、面白いです。もう少し太めの毛糸でやらせると、1日で完成できたかもしれないけど、予算と毛糸の色の鮮やかさの関係で、並太の毛糸になっちゃったんで、少々苦戦しましたw
Uncle K, 2014/11/21 1:57 PM
織物っていいですよね〜
小学校のときに、お小遣いをためておもちゃの織機を購入。
せっせと織っていたいたのを思い出しました。
(*^_^*)
tomoko, 2014/11/21 12:35 PM









Trackback
url: http://doronko.officeuk.biz/trackback/126