RSS | ATOM | SEARCH
牛乳パックで造るイス
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


今年、1月にもトライした牛乳パックのイス、ちょっと違った造作にして再び挑戦してみました。

下が、その完成見本。

完成見本


今どきの子ども達にはジバニャンあたりの方がウケると思いつつ、何の気なしに緑のフェルトを最初に貼ってしまったものですから、少々アダルトなモチーフで、ガチャピン風のデザインに。今どきの幼児や低学年は大半見た事ないよねエ(笑)。

基本のユニットは前回同様、牛乳パックの注ぎ口の部分を4つに切り開き、中にパックが膨らまない程度に新聞紙をギュッと詰め、

上を切り開いた牛乳パックに新聞を詰める


切り開いた部分を折り曲げて口を塞ぎ、ガムテ(写真は分かりやすいように、透明テープを使用)で貼りつけたもの。

切り開いた部分を折り曲げてパックの口を塞ぐ。


これを、前回は下の写真のように組み立てたのですが、

前回の制作例


今回は、足の前の部分をハーフサイズにして3本足にして、背もたれ部分の一番上に両端にアールを付けたものを継ぎ足しました。

今回作った改良型


外側に貼った布も、前回は手芸店で購入した柄物のフリース地を使いましたが、

前回の完成作


今回は、百均で60センチ×70センチのフェルトを買ってきて、子ども達に自由に切って貼りつけてもらいました。

うっかり、子ども等の作品を写真に撮るのを忘れてしまいご披露できないのがイマイチですが、自分達で切った分、布の合わせ目の処理など、いかにも子どもの工作って感じの仕上がりではありましたが、その分、それぞれ個性的なイスができたように思います。

表向き(?)1時間半の教室の制作時間で、パックの組み立てとフェルトの貼り付けを2回に渡って取り組みましたが、2日とも途中で小休止する間もなく目いっぱい頑張って、どの子も完成までもっていきましたから、大したもんです。

ちゃんと自分なりに仕上がりの見通し持ってて、「造りたいっ!」って気持ちがあったら、幼いながらも頑張るもんです(笑)。


■これまでに取り上げた「手造りオモチャの造り方」の一覧、順次更新中。→ 手造りオモチャの造り方一覧(元気編)
 手造りオモチャの造り方一覧(科学編・しっとり編)


どろん子造形教室@ほぼ名古屋生徒募集中

活動内容の詳細はこちらから ⇒⇒⇒ スケジュール 一覧

少し前から、学習の指導も始めました。「子ども達に分かる楽しさを知ってもらおう」という趣旨で、学習や学校生活でのお悩み相談にも応じておりますので、お困りの事等を抱えておいでの方は、特に費用等は頂きませんので、お気軽にご連絡を。

※ツイッターアカウントは @dorasuky
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 19:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://doronko.officeuk.biz/trackback/120