RSS | ATOM | SEARCH
虹色コマ(レインボウ・ゴマ)
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


今日は、使用済みのCD−Rや、うまく録画できなかったDVD等と、折り紙(商品名の頭に「ホログラム」とか、「プリズム」とかの付いたもの)を使った変わり種のコマを紹介します。

コマの軸に当たる部分には、ビー玉を使用します。

下が、完成したものに光を当てて回転させているところの写真。

回して光を当てたところ



まず、使用済みやもう使えないCD−Rを1枚用意し、その外形に合わせて折り紙を切り抜きます。

使用済みのCD等とホログラム等の折り紙を丸く切り抜いたものを準備



折り紙の色の付いていない側が表になるようにスティック糊等でCDに貼りつけ、中央部分を少し切り抜き、ビー玉を押し込んだ時に広がるように切り込みを入れます。(中央の切り抜きは、ビー玉と接着してからでもOK)

折り紙をスティック糊でCDに張り付け、中央を切り抜く


後は、切り込みを入れた部分に「ベチャッ!」って感じに多めにセメダイン等を塗って、表側からビー玉を押し込み、CDを裏返して、折り紙がしっかりビー玉に貼りつくように押さえ、接着剤が乾いたら出来上がり。

切込みを入れて、大目に接着剤を塗りビー玉を押し込んで張り付ける


下の完成見本の写真で、右手の方は、風で回せるようにガムテ作った羽を貼り付けたもの。上から息を吹きかけたり、ドライヤーの風を当てたりすると、風の力で回す事ができます。

完成見本。右側は、風で回せるように羽を貼ったもの


今回ご紹介した作例は、いずれも折り紙を貼って造った作品ですが、インクジェットでのラベル印刷に対応したCD−Rなら、クレヨンやマーカー等で好きな絵や模様を描きこんでも楽しいかと。

光の当て方で色が様々に変化するのも楽しいですが、回転軸がビー玉なので、天板が化粧板のテーブル等、表面の滑らかなものの上で回せば、軽く捻るだけでけっこうな時間緩やかに回り続けるので、一般的なコマとは一味違う回り方もけっこう楽しめると思います。

■これまでに取り上げた「手造りオモチャの造り方」の一覧、こちらで公開してます。→ 手造りオモチャの造り方一覧


どろん子造形教室@ほぼ名古屋生徒募集中

活動内容の詳細はこちらから ⇒⇒⇒ スケジュール 一覧

※ツイッターアカウントは @dorasuky
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 23:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://doronko.officeuk.biz/trackback/110