RSS | ATOM | SEARCH
書籍紹介 森のようちえん−自然のなかで子育てを(今村光章 編著)
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


私が日本での「森の幼稚園」の存在を知ったのは、浜田久美子著 森の力という本を通して。

高校生が農林業等に長年携わってこられた古老とともに仕事しながら体験を聞き出す「聞き書き甲子園」、森の癒しを地域活性化に結び付けようとする「森林セラピー」の試み等を紹介したこの本の中に、保護者も交えた自主運営により森での野外活動のみを活動内容とする「森の幼稚園」を紹介する章があり、保育の様子や日本に導入されるまでの歴史的経緯等が紹介されていました。


幼児保育までだんだん知育偏向が進む現状を見るにつけ、受け身の経験に終始しがちな今の子ども達の経験不足にますます拍車がかかるのでは、との懸念を抱いていたのに加え、自然と触れ合う機会が少ない事が「キレやすい」などと謂われている精神面での不安定さに影響しているのでないかとも感じていたので、「森の力」に書かれていた内容から、もう少し活動状況の詳細を知りたいと思って探したのが、今回ご紹介する 今村光章 編著の 森のようちえん−自然のなかで子育てを(解放出版社 発行)です。

森のようちえんは、自主保育として原則、園舎も園庭ももたず一年中の活動を森の中で行う「通年型」、既存の幼稚園や認可型保育園が活動の一部として森のようちえん活動を取り入れている「融合型」、任意団体がイベント等の形を取って実施する「行事型」の3つのタイプがありますが、本書では、編著者今村光章さんが、岐阜県内で実際ご自分で行事型の森のようちえんを始められた際の経験談を導入にして、各地の森のようちえんを運営者してみえる方や運営に参加した事のある体験者の手による(一部、コラム形式も交えた)各地の活動の紹介、森のようちえんの保育理念(いわば理論編)、発祥の地であるヨーロッパから、やはり実際に運営に参加された方によるドイツの森のようちえんの活動の様子の紹介の4つの章で、森のようちえんの活動にいろいろな方面から光を当てるような構成になっています。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:書籍紹介, 22:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark