RSS | ATOM | SEARCH
子育ては、「子どもを信じて待つ」が大事

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



先日は、久し振りにオチビさん達と一緒にスライム造り。大変盛り上がってこちらも楽しませてもらいました。それぞれに、あれこれ自分なりの世界を紡いで、最終は、パフェとも、クリームソーダともつかぬものが出来上がって無事終了。途中、「ダイオウイカさんの寝床」とか何とか、次々飛び出すそれぞれのストーリーを聞いているのも楽しいですが、色水で薄めた洗濯ノリ(PVA)が、硼砂(ほうしゃ)の水溶液を混ぜる事によって固まる過程を体験する中で、単に「楽しい」だけじゃなくて、「どうして、かため液(硼砂の水溶液)を混ぜると固まるの??)という、科学の目への芽生えもちゃんと、示してくれていて、幼いながらも頼もしいです、子ども達。

もちろん、幼稚園に通ってるオチビさんに、ちゃんとした仕組みが理解できるわけではないのですが、こういう経験の積み重ねがあるか、ないかが、将来、ちゃんと理科を学ぶ際、単に知識を詰め込むだけの暗記科目となってしまうか、自分なりの興味を持って学んで行けるかを分ける事になります(本当は、学校の授業でも、ちゃんと興味を掻き立てるだけの余裕があるといいのですが)。学習する内容に興味が持てるか持てないかは、学習意欲を大きく左右しますし、だいたい、単にテストのためだけにする勉強では、目先のテストの点数を取るには役立っても、ちゃんと身には付きません。やはり、勉強した知識をしっかり自分のものとするためには、興味があって「知りたい。」、「分かるようになりたい。」って気持ちがないとね。それには、学習内容を身近なものとして感じられる、経験の積み重ねが必要。

もちろん、やらせる方としては、それを狙っているわけではありません。その場は、「楽しい」、「面白い」だけでいいんです。「この社会には、こんなに面白いものがたくさん溢れている」と思わせるのが肝要。その積み重ねは、必ず、無駄にはなりません。

閑話休題。

ツイッターで近頃引っかかったツイート。「天才、秀才は、ダメ親でうつになる」(うろ覚えなので、微妙に違っているかも)。「もうちょっと、言い方あるだろ!」とは思いましたが、思い当たるふしがないでも。類まれな才能を持っているほど、才気に走って暴走しやすいものですが、基本、親というものは、子どもに普通を求めるもの(普通と言いながら、親の考えている普通のレベルが、世間の尺度で、「かなり優秀」ってレベルだったりしますが)。常識から外れた行動を理解できない親との軋轢で、必要以上に子がストレスを感じる例は、自分も、まま、目にしてきたパターン。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 22:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
また1年分、成長しました

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



またまた1年が終わり新たな1年へと切り替わる時期へとなりました。私らなどは、たいていさしたる意味もなくバタバタしている間に1年が過ぎているといったパターンの繰り返しなのですが、子ども達、特に、まだ学校にも上がらない幼い子ども達にとっての1年はとてつもなく日々色々な体験てんこ盛りの期間、どの子も驚きの体験の詰まった充実した1年であったのなら何よりなのですが。

造形教室の1年の締めくくりは、毎年お菓子作り。ちっちゃな子達は、予め準備してあるクッキー種を、各々気ままにこね回し、焼き上がったクッキーをおやつとして頂くというそれだけの事なのですが、それでも、自分で形を造りトッピングなどしたものを自分で食べるという行為は、それなりに誇らしい気分に浸れる一瞬なのです。

小学生組ともなると、印刷してあるレシピを確認し、自分達で量を測り、お粉をふるいにかけたりバターと混ぜたり、オーブンで焼く以外はほぼ自分達で。それでも、最初の内は、ひとつずつこちらが世話をやいてやらせるかっこうでしたが、流石何度も経験済みの高学年組ともなれば、さほど指示をしなくてもスムーズに事が運んでいき、いざ子ども等が帰った後、後片付けの時に思わずため息が出るような汚しっぷりもなくなってきて、こちらが逆に拍子抜けするほど。

料理をする事自体、子ども等にとっては貴重な体験ですが、バターの箱や小麦粉の袋等に書かれた量や重さを調べたり、計量カップで量を測ったり、秤で重さを測ったりは、学校で算数の勉強として習った、グラム、キログラムだとか、リットル、ミリリットルだとかを生活に関わる知識として体験する、「生活体験」の場という意味も。もちろん、うちとしては、「ものづくりの楽しさを味わう」が最優先事項で、時として脱線もありの場ではありますが、何かと、子ども等に「生活体験」の場が不足している昨今ですので、料理に限らず、もの造りの体験自体、「生活体験」の不足を多少でも補う役割を担えるのでは、と意識しながら題材を選んでいます。

実際に効果のほどが分かるのは、10年後、20年後の事になりますので、手探りしながらという事にならざるを得ないのが、悩ましいところではあるのですが。
続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 22:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
自己肯定感が大事です。

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



うちの教室、その時々の(私の、あるいは子ども達の)気分によって、お絵描きもしたり粘土遊びもやったり、なので、一応、「造形教室」と名乗っておりますが、やはり中心は工作教室、手造りおもちゃが主です。

自慢じゃないですが、手造りおもちゃ、しかも下は3歳、5歳なんて連中の造ったおもちゃなんて、最初からすんなりうまく動いてくれる事は超まれであります。完成と同時に「おじさん先生!ここ、動かない!!」って声が次々と。それを、手伝ったり、こちらの指示に従って調整したりして、どうにかこうにかうまく動くと、どの子も、オチビさん達は特に、何とも満足そうな笑みが浮かびます。

クギを打ったり、ノコギリで竹を切ったり、キリで穴を開けたり、経験の積み重ねも、無論、大きな意味がありますが、一番の肝は、この笑顔。大人からすると、ガラクタとしか思えないような作品でも、自分の手で造ったものがちゃんと動いたって満足感が、成功体験の積み重ねになります。

この積み重ねが自己肯定感を育み、色々なものに挑戦しようとする積極性が生まれ、少々の失敗でも簡単にはへこたれない粘り強さに繋がってくるので、子どもを育てる上で、いかに成功体験を経験させるか、いかに自己肯定感を育むかっていうのは、最優先課題と言っても言い過ぎではないと思うんですが、何故か、この国では、成功体験に満足させるのを良しとせず、「次はもっと頑張れ!」とより上の到達目標を設定し、結果的に自己肯定感をすり潰すような育て方が、「厳しく育てて、子どもの才能を伸ばす子育て法」だと思っている大人が多いのは、困ったものです。
続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 16:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ロボットは文章を読めない では子どもたちは「読めて」いるのか︖

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



先日、久し振りに、幼稚園の年中さんが、3才の弟を伴って入会。しばらく、教室内をウロチョロして、あれこれ興味深げに古い作品等手に取ったりした挙句、「水彩絵の具で絵を描きたい」と言い出したので、一緒に筆洗に水を汲んだり、あれこれバタバタと準備をして、急きょお絵描きの時間に。

途中、適当なところで画用紙を交換してあげたり、何度か筆洗の水を交換したり、けっこう世話はかかるのですが、いかにも気持ちよさげに精力的に筆をふるう姿を見て、「ああ、このぐらいの年齢だと、こんなに自由に絵が描けるんだよなぁ。」と、こちらも楽しい気分に浸らせてもらいました。絵の出来不出来以前に、「ウニがヒトデに食べられる!!」とか、「ダイオウイカが!!!」とか、次々イメージが湧いてくる様は、見ていて、ほんと、清々しいです。(連れてみえた保護者の方のお話では、その類の図鑑を開いて眺めるのが大好きなんだとか)

お絵描き


まあ、長年こんな事やっているんで、これが、これから、字を覚えたり、色々覚えてくると、段々勢いがなくなってきて、小学校へ行くようになると、あっという間に委縮したような絵しか描けなくなる子が多い事を思い出してしまって、いかんのですが。

閑話休題。

先日のYahoo!ニュースに、「AI研究者が問う ロボットは文章を読めない では子どもたちは「読めて」いるのか?」 って記事が。

内容は、「ロボットは東大に入れるか(東ロボ)」プロジェクトで知られる人工知能(AI)の研究チームが、子どもたちの読解力を調べるテストを始めたってお話。
続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 16:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
夏休み!存分に子ども等に退屈する時間を!!!

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



今年も、夏休みの時期になりましたなあ。

自分の子ども時代を思い出すと、何度か海水浴に連れて行ってもらった事は覚えていますが、たいていは、朝の食事もそこそこに、タモと虫かごを持って家を飛び出し、時間を忘れて虫取りに歩き回ってるような子どもでしたな。当時の子どもは、時計もスマホも持ってないんで、お腹が空くのが帰宅の合図。あまりに夢中になり過ぎて、昼ご飯の時間をはるかに過ぎても家に帰らず、心配した母親が、交番に捜索願を出して、家に帰ったら、近所の人も混じって大騒ぎになってて、ビックリしたって事も、1、2度あった覚えが(笑)。

この時期になると、工作のネタを並べた拙ブログも、にわかにアクセス数が跳ね上がる時期。相変わらず、事前指導も何もないまま、自由工作とか自由研究とかの宿題が、定番のように出されているようで。特に指導もないまま「自由」とか言われても、子ども等も困るわけで、半分以上親がかりでかろうじて間に合わせてる家庭も多いのでは、と想像すると、条件反射のように夏休みのたびにこんな宿題出すの、いいかげんに止めたらとか思うんですが。

それに加えて、「夏の生活」やら、読書感想文やらも当然あるわけで、せっかくの長期の休みなので、もっと子ども達に、存分に日頃できない事をやらせてあげる暇をつくってあげれば、と思うのですが。

近頃は、子ども向けの、体験教室やら、イベントやらも盛りだくさん。こちらは、自分も自然観察会なんぞで講師に駆り出された事もあるので、あまり大きな事は言えませんが、「家で、ゲームばかりしてるよりは、色々な体験をさせた方が」と、あちこちのイベントに連れだしたりする親御さんも多いようで。

まだ、小学生の間は、こんな感じで済んでますが、中学生ともなると、今度は、連日の部活三昧だったり(好都合な事に、甲子園の高校野球を例に挙げるまでもなく、この時期に合わせて各種大会が集中してたりします)。

ただ、繰り返しますが、せっかくの長期休暇。子ども達に一番必要なのは、時間を持て余して「何、やろうかな」と考える体験。ありあまる時間をどう使うかを、自分で考えるプロセス自体が、大人への階段を歩ませる原動力なので、少なくとも、教育の専門家辺りは、もう少し、この辺りの認識を変えて欲しいのですが。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 19:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
愛の鞭ゼロ作戦

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



一応、表向きは教師による体罰が禁止されているはずの学校で、相も変わらず教師による暴力行為等が相次いで、新聞、TV等のニュースで事件として取り上げられ、正直「またかよ!!」と呆れると同時に、「いつになったら、改善されるのか」とやりきれない気分に陥ります。

先日は、あろう事か、高校サッカー部のコーチが部員に何度も暴力をふるう場面が、生徒により動画に収められ、ネット上に投稿されて表沙汰になるという事例も。これなど、動画の撮影を許した事からも、暴行をはたらいたコーチは、特に問題となる行為とも思わずやっていた事が伺われ、事件として表面化するのはほんの一握りで、日常的に似たような事が広く行われていると容易に想像できるので、よけいにやりきれない気持ちになるんですよね。

これは、暴力をふるったわけではないものの、産休教員の代理で小学校のクラスを受け持った女性講師が、給食を残し気味の児童に、給食の残りのカビの生えたパンを食べさせたり古くなった牛乳を飲ませた件も、大きくマスコミで取り上げられ、自分的には先の単純な暴行事件よりもショックでしたな。口にするのに問題があるような食べ物を、教師対生徒という絶対的な立場の差を後ろ盾に食べるのを強要するなんて、虐待そのもの。結果、深刻な健康被害に結びつく怖れもあったわけで、今は、教員の免許も更新制なんて制度ができていますが、あまりにも教員として不適格な行いのあった教員に対しては、免許を剥奪して、再取得を禁じるような制度も必要ではないかと思いましたがねえ。

先日、少年院で発達障害を持った子どもの指導に当たる指導員の日常を取り上げたTV番組で、「どうしたら子どもをうまく更生させる事ができるか」と悩みを抱える指導員のおひとりが、発達障害児の指導に詳しい先輩指導員からの助言を受けて後、「子どもが自分の力で成長するという視点に考えが及ばなかったのが、悔しい」と言ってみえたのを見て、「この国で子育てや教育に関わってる人で、そういう人多いんだよな」と改めて思いましたが、先に挙げたような教師や指導者の酷い行いが出てくる背景には、「子どもは叱らないと気づかない」とか「子どものしつけには、ある程度の体罰は必要」とかを、信仰のように思いこんでいる層がまだまだ多い事が。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 21:32
comments(2), trackbacks(0), pookmark
フリースクールの同窓会に行って来ました。

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



昔(今となっては、かなりの大昔ですがw)出張講師を務めていたフリースクールの同窓会が毎年1回5月あり、今年も先の21日にお邪魔してきました。

同窓会と言っても、特に事前のお知らせもなく、開始時間すら決まってないゆる〜〜い集まり。毎年5月の第3日曜日の午後、フリースクールを主催してみえたSさんのお宅に、その日が同窓会の日だと忘れてなかった人、都合のつけられる人が特に事前にお知らせ等しなくても集まっていい日、って感じ。

元々のフリースクールも、どちらかと言うとゆる〜〜い感じのところで、これは、単に出張講師で行っていただけでなく、そもそも開設される前に、Sさんが運営の仕方等について相談にみえ、偉そうにアドバイスをさせて頂いたという経緯があるので、そのゆるさ加減には若干自分にも責任あるかもですがw。

毎月の第3日曜日は長年自分が行っている野鳥の会の鳥の調査の行われる日でもあり、うっかり参加し忘れるのを防止するという意味では都合がいいものの、午前中鳥の調査で、午後からは同窓会へというスケジュールは少々せわしないところではあるのですが、懐かしい面々の顔を見る事ができ、かつての小学生、中学生が、自分の赤ちゃんを抱いたり、子どもの手を引いたりしながら集まってくる姿を見られるという誘惑には、なかなか抗いがたく、今年も色々仕事を抱えてるくせに、異才構わず行ってきちゃいました。

小中学生の頃は、学校へ行っていないという事で、親御さんの方は様々葛藤もあったでしょうし(というか、しばしばそういった面で色々心情を伺った事も度々ですが)、当人達も人によって深刻度は異なるものの、それぞれに心に色々抱えながら生きていたと思いますが、今は、いっぱしの陶芸家として活動している子あり、銀行やオフィスのデザイン、設計を手掛けている子ありで、当人見てると昔と雰囲気はさほど変わってないのに、既に3人子持ちの子(じゃない、既に親だよねえw)もいたりして、それなりに親として子どもの世話を焼いたりしている姿を見るのは、やはり感慨深いものがありますな。

個々の子を見ると、かなりの回り道をして今がある子もいたりしますが、今となっては、「それもいい経験だったね」で終わっちゃうんだよね。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 18:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
子どもの問題行動

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



ネット上から漏れ聞こえてきた情報によると、今は「発達障害ブーム」なんだとか。

初めて聞いたときは、「何を今更」とか「言うに事欠いて、『発達障害』にブームとは」というのが正直な感想でしたが、よくよく聞くと、マジで一種のブーム状態のよう。そう言えば、度々、Eテレ等で発達障害を取り上げた番組を目にしますし、Nスペ等でも、発達障害を番組タイトルで謳った放送があったり、新聞、TV等で度々取り上げられるようにはなってきました。

ブームというなら、いっそ、発達障害に関する一般の理解も深まればいいんですが、そこがそれ、ブームの常。各々の特徴も知らないまま、いたずらに言葉だけが独り歩きしている感じで、少々目立つ行動が多い子をロクな根拠もないまま、「あの子『アスペ』だから」などとと言われてしまう恐ろしい状況が出現しているようで。

ママさん達の仲間内での噂話のレベルでも、そんな傾向は困ったものなのですが、学童等の放課後クラブの指導者達や、学校の先生も含めて、似たり寄ったりのところがあったりするのは、ほんと困ったもの。

だいたい、専門の精神科医でも、そちら方面の方の治療に慣れた方じゃないと、しばしば誤った診断を下したり、そちら方面に明るい医師でも、個別の事例に関してはしばしば診断名がバラけるほどのものを、自閉症もアスペルガーもADHDもはっきり区別がつかない程度の知識で、レッテルだけ張ってもしょうがないんですが、取り敢えず、思ったように指導が伝わらない子や少々手がかかる子は「あの子は、発達障害だから」としてしまう事で、自分がうまく指導できていない事の免罪符になるような風潮まで感じる例が多々で、せっかくの世間の関心の高まりが、当事者の子達にとって何の救済にもなっていない感じがするのは、流石に救いがなさ過ぎますわなあ。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 17:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
今年こそは、子どもの豊かな発想を潰さない方向に進む年にしたいですが。

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



ずっと、更新をサボっていたので、取り敢えず、今年最初のお便りの内容をアップしておきます。

-------------------------------------------------

新聞やネットのニュースに目を通していると、子ども達に関する話題も、気が滅入るようなニュースばかりが目に付いて嫌になりますが、本年最初のお便りですので、先日、Twitterのタイムラインにリツイートされてきたほっこりしたツイートをひとつご紹介します。

ご迷惑がかかるといけないので、ツイート主は伏せたまま、内容はそのまま引用。

”小1の娘が算数の問題をやっていて「りんごが4つあります。みかんが6つあります。ちがいはいくつでしょう」の問いに「りんごはサクサクしてます。みかんはやわらかいです。みかんは手でむけるけど、りんごはママがむきます。それから…」とそれぞれの違いを言い出して、いまもう5つ目です。”

ま、算数の宿題としては、流石に〇はつけられませんが、この発想は大事にしたいところ。自分が担任なら、回答はバツだけど、発送の方には、花マルをつけちゃいますな(もちろん、お母さんの方で、その回答のまま、先生に提出させるような事はなさらないでしょうが(笑))。

幼い頃は、誰しも、この手の、大人には及びもつかないような発想力を持っているものですが、成長するにつれて、少しずつ置き忘れて(あるいは、潰されて)しまうもので、大人になると、そんな発想を持っていた事さえ忘れてしまう大人が大半。

そもそも、小学校に上がった途端、型にはまった子供像に染まる事を強要されがちな日本の社会風土では、そんな柔軟な発想を持ち続ける事は至難の業と言ってもいいのかもしれないのですが、既存の価値観や先入観にとらわれず、幅広い立ち位置でものを考えられるような大人に育てようと思えば、こういう発想は、慌てて押しつぶさず、逆に大切にしてできるだけ長く持ち続けていられるように育てた方がいいんですがねえ。
続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 22:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
自己肯定感が低すぎだぜ

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



以前からたびたび行っているペンキ絵。

子ども達の言によれば、今回はいきなり「会心の作」が出来たそうで、写真はその回診の一作(笑)。

ペンキ絵16年10月6日


たびたび取り上げてはいますが、実を言えば、材料となるペンキが割に値が張る上(子ども達は惜しげもなく、ドボっとぶちまけてますが(笑))、周りにブルーシートを敷いてあるにも拘らず、やたらにペンキが飛び散ったり(今回は、庭への出入口の網戸が犠牲に(涙))、やらせる法としては、あまり有りがたくない題材。では、何故にくり返し取り上げるかと言えば、ひとえに、子ども達に思いっきり自由に自己表現できる場を与えたいがため。

この方法だと、日頃尻込みして絵を描きたがらない子も、失敗の心配のない決まり切った絵しか描けない子も、どの子も自由にのびのび心行くまで絵筆を走らせる事ができるから。

4歳、5歳辺りまでは、大半の子が、紙と、鉛筆、クレヨン、あるいは絵具と筆等、絵を描く素材さえ与えれば、さほど深く考えず自由に絵を描く事が出来るのですが、字を覚え、小学校で色々な学習を始める頃になると、途端に、小さくまとまった絵や、アニメのキャラクターを見本通りにコピーしたようなつまらない絵しか描けなくなってしまったり、絵を描く事自体、尻込みする子も珍しくない様な状態に陥ります。

それでも、見た目は、いかにも「子どもらしく元気よく描きました」的に指導する事も出来なくはないのですが、それでは、本当の意味での自己表現にはなりません。

一番手っ取り早く、何のためらいもなく自己表現出来る方法として考え出したのが、先のペンキ絵。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 18:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark