RSS | ATOM | SEARCH
ビー玉落とし ピタゴラ風

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



Eテレの”ピタゴラスイッチ”って番組が子ども達に大人気で(「子ども達に」とか言いながら、自分も度々視聴したりしておるのですがww)、なにせ、工作教室だもんですから、以前から「ピタゴラ造りたい!」、「ピタゴラやらせて!」って声が上がっていて、さりとて、子ども等にあれを造らせるとなると、こちらもそれなりに知恵を絞らないといけないわけで、あんまりじっくり知恵を絞っている時間的余裕がない状況が続いていたりして、ついつい先延ばしにしていたんですが、 理科の探検 って雑誌の今年(2017年)8月号がちょうど自由研究の特集号で、かっこうのネタを見つけ、早速試しにらしきものを造って見ました。

その時の試作品がこれ。

ピタゴラ風ビー玉落とし



続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 16:19
comments(2), trackbacks(0), pookmark
トコトコくん、いろいろ

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



Eテレの「ピタゴラスイッチ」でちょいちょい登場するので、100均で単語帳を買ってきて造って見ました。(写真には写ってないですが、背中にバランスを良くするために小さい木切れが貼り付けてあります。)

ピタゴラ型


上部だけスティック糊で固定しましたが、ビニールテープ等で上のほうだけぎゅっと固めたら似たように動いてくれそうな気も(まだ、試してません)。

ヨタヨタって感じで、トコトコ坂を降りてくるのが、何ともユーモラスで可愛いですw。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 16:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
木の立方体で造る立体パズル
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


百円均一で一辺3センチぐらいの木でできた立方体を売っているのを見つけ、これを使って立体パズルを造らせたら、予想以上に子ども達に大ウケでした。

自分達が好き勝手に造ったパズルで、自分で遊べるところが新鮮だったようです。


完成見本はこちら。

「木の立体パズル」完成見本



取りあえず、27個の立方体を配り、それを使って「組み立てたら3×3×3の大きな立方体になるように」とだけ伝え、1つ、1つのピースに使う立方体の数は自由。完成したパズルがすっぽり入る程度の升を外枠に、下から順に1ピースずつ形を工夫してボンドで接着しながら、積み上げていくという方法で造りました。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 21:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ピコピコカプセル
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


仕事がずっとアップアップでなかなか時間が取れず、久々の更新です。

今回取り上げるのは、最近、教室で取り上げた中で、一番子ども達が盛り上がったお題、「ピコピコカプセル」

完成見本は、下の写真。

ピコピコカプセル作成見本


ネタ元は、当ブログではお馴染みの 「ものづくりハンドブック」 通称「ものハン」の第2集。


続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 22:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
毛糸の手まり
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


長年、工作教室なんぞ営んでて、完成見本として色々造ったりもしてるんで、てっきり「手先が器用」と誤解されてる向きがあるようですが、実は、手先はかなり不器用。特に、裁縫は超苦手で、小学校の家庭科の時間で出てきた裁縫の課題などは、毎度悲惨な結末に終わり、まともな作品が出来た事がなく、おかげで未だ、縫物や編み物等にはほとんどトラウマと言っていいほどの心の傷を抱えておるのですが(そんな、大袈裟な(笑))、今回、無謀にも、毛糸の手まりに挑戦(と言っても、最後に、毛糸や刺しゅう糸等で、毛糸の周りをかがる程度なんですが(笑))。

下が、その完成見本(刺しゅう糸等でかがった飾り模様がイマイチ不揃いなのは、まあ、愛嬌って事でお許しを)。

毛糸の手まり 完成見本


続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 18:48
comments(2), trackbacks(0), pookmark
張り子のランプシェード
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


風船張り子 (下写真は乾燥中のところ)を応用して、卓上ランプを造ってみました。

風船張り子乾燥中


下がその完成見本。

ペットボトルで作った豆球のランプに被せて出来上がり


実のところ、翌月の造形教室のお題を決めなければいけない時期になっても、何かとバタバタしていて、ゆっくり試作等を造っている時間がなく、「う〜〜ん、困ったなあ」と考え込んでいたところ、以前、LEDの豆球が置いてあるのをたまたま東急ハンズで見かけて、「何かに使えそう」ぐらいの気持ちで買い込んでいたのを思い出し、「これ、風船張り子で覆ったら、和風ランプシェードになるじゃん!!」と、謂わば、急場に苦し紛れの思いつきでやってみたって感じなのですが、子ども達は予想外に気に入って造っていたので、まあ、怪我の功名といった感じ(笑)。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 19:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
フィルムケースのバブ・ロケット
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


夏休み恒例の「船造り」の際、「どうせ最後にはびしょ濡れになるのだから」と、「ついでにペットボトル・ロケットも飛ばそうか!」と思いついて、ホームセンター何軒か回って、ペットボトルの口のサイズに合うようなゴム栓を探したのですが、サイズ以前にゴム栓自体が見つからず、これはあえなく断念(一昔前には、どこのホームセンターにも、ゴム栓辺りは各サイズ当たり前のように置いてあったんですがねエ(涙))。

代わりに、思いついたのが、大きさの迫力では劣るものの、打ち上げの迫力にはさほど差がないフィルムケースのロケット。

これなら、造るのも手間いらずで、飛ばす場所も、1リットルのペットボトルを打ち上げる際ほど、気を使わなくて済むので、かなりお手軽にロケットの打ち上げが楽しめます。
下が、その完成見本。

バブ・ロケット 完成見本


続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 17:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ガリガリプロペラ(肥後トンボ)
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


ガリガリプロペラ(別名、肥後トンボ。ガリガリトンボという名前で紹介される事もあるようです。)は、細長い棒を角棒等でこすり、振動によって、先端のプロペラを回転させる伝承オモチャです。

観光地での土産物では、竹の本体の先に竹のプロペラをつけて、竹の棒でこするタイプのものもあるようですが、今では、下の写真のように、角棒の先の一部を波型に削り、角の部分をこするのが、ごく一般的なタイプ。

ガリガリプロペラ作例1 ナイフで削る基本形


波型部分を上に向けると、左角をこすったときと、右角をこすったときとで、回転の向きが逆になるのも面白く、単純なオモチャですが、子ども達にはけっこうウケるオモチャのひとつです。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 16:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
"やじろべえ"で遊んでみました。
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


チビかけた鉛筆と、細めのアルミ線を使って、"やじろべえ"を造って、遊んでみました。
下は、オーソドックスな、中心に鉛筆を持ってきたタイプの作例。

”やじろべえ”作例1


アルミ線は、太さが1.5ミリ〜2ミリ程度のものだったら、鉛筆に巻き付けて、カシめる時だけラジオペンチを使用すれば、後は、チビさんの握力でも、割に簡単に好きな形に曲げる事ができます。

長めに切って、中心辺りにグリグリっと2周ぐらい巻きつけておいて、外れてしまわないように、ぎゅっとカシめて、両端にグルグル渦巻きを作り、小麦粉ねん土を貼り付けてバランスをとります。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 23:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
消しゴムはんこ
JUGEMテーマ:手造りおもちゃ


先達ての工作教室、一応、事前の月間スケジュールでは「版画」って事になってて、スチレン版画、あるいは紙版画あたりを想定していたんですが、小学校も中学年に突入したお兄さん、お姉さんクラスの方は、急に思い立って、「消しゴムはんこ」に取り組む事に。
はんこやスタンプの類を、ペッタンコ、ペッタンコするのって、基本ちっちゃい子も大好きな上に、若干、「禁断の果実」じゃないけど、そこはかとなく「大人の香り」もあったりするんですよね。その上、ナンシー関さん以来、「消しゴムはんこブーム」みたいなのがあって、今じゃ、写真のように、大人でもクラクラっと来るような魅力的な「消しゴムはんこ用スタンプ台」が若干奮発すれば手に入ったりするわけで、ついフラフラと誘惑に負けても無理のない面が(どさっと買いこんで、カミサンには渋い顔で睨まれましたが(笑))。

消し</div>
					<a name=
続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 18:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark