RSS | ATOM | SEARCH
子育ては、「子どもを信じて待つ」が大事

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



先日は、久し振りにオチビさん達と一緒にスライム造り。大変盛り上がってこちらも楽しませてもらいました。それぞれに、あれこれ自分なりの世界を紡いで、最終は、パフェとも、クリームソーダともつかぬものが出来上がって無事終了。途中、「ダイオウイカさんの寝床」とか何とか、次々飛び出すそれぞれのストーリーを聞いているのも楽しいですが、色水で薄めた洗濯ノリ(PVA)が、硼砂(ほうしゃ)の水溶液を混ぜる事によって固まる過程を体験する中で、単に「楽しい」だけじゃなくて、「どうして、かため液(硼砂の水溶液)を混ぜると固まるの??)という、科学の目への芽生えもちゃんと、示してくれていて、幼いながらも頼もしいです、子ども達。

もちろん、幼稚園に通ってるオチビさんに、ちゃんとした仕組みが理解できるわけではないのですが、こういう経験の積み重ねがあるか、ないかが、将来、ちゃんと理科を学ぶ際、単に知識を詰め込むだけの暗記科目となってしまうか、自分なりの興味を持って学んで行けるかを分ける事になります(本当は、学校の授業でも、ちゃんと興味を掻き立てるだけの余裕があるといいのですが)。学習する内容に興味が持てるか持てないかは、学習意欲を大きく左右しますし、だいたい、単にテストのためだけにする勉強では、目先のテストの点数を取るには役立っても、ちゃんと身には付きません。やはり、勉強した知識をしっかり自分のものとするためには、興味があって「知りたい。」、「分かるようになりたい。」って気持ちがないとね。それには、学習内容を身近なものとして感じられる、経験の積み重ねが必要。

もちろん、やらせる方としては、それを狙っているわけではありません。その場は、「楽しい」、「面白い」だけでいいんです。「この社会には、こんなに面白いものがたくさん溢れている」と思わせるのが肝要。その積み重ねは、必ず、無駄にはなりません。

閑話休題。

ツイッターで近頃引っかかったツイート。「天才、秀才は、ダメ親でうつになる」(うろ覚えなので、微妙に違っているかも)。「もうちょっと、言い方あるだろ!」とは思いましたが、思い当たるふしがないでも。類まれな才能を持っているほど、才気に走って暴走しやすいものですが、基本、親というものは、子どもに普通を求めるもの(普通と言いながら、親の考えている普通のレベルが、世間の尺度で、「かなり優秀」ってレベルだったりしますが)。常識から外れた行動を理解できない親との軋轢で、必要以上に子がストレスを感じる例は、自分も、まま、目にしてきたパターン。

続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 22:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
また1年分、成長しました

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



またまた1年が終わり新たな1年へと切り替わる時期へとなりました。私らなどは、たいていさしたる意味もなくバタバタしている間に1年が過ぎているといったパターンの繰り返しなのですが、子ども達、特に、まだ学校にも上がらない幼い子ども達にとっての1年はとてつもなく日々色々な体験てんこ盛りの期間、どの子も驚きの体験の詰まった充実した1年であったのなら何よりなのですが。

造形教室の1年の締めくくりは、毎年お菓子作り。ちっちゃな子達は、予め準備してあるクッキー種を、各々気ままにこね回し、焼き上がったクッキーをおやつとして頂くというそれだけの事なのですが、それでも、自分で形を造りトッピングなどしたものを自分で食べるという行為は、それなりに誇らしい気分に浸れる一瞬なのです。

小学生組ともなると、印刷してあるレシピを確認し、自分達で量を測り、お粉をふるいにかけたりバターと混ぜたり、オーブンで焼く以外はほぼ自分達で。それでも、最初の内は、ひとつずつこちらが世話をやいてやらせるかっこうでしたが、流石何度も経験済みの高学年組ともなれば、さほど指示をしなくてもスムーズに事が運んでいき、いざ子ども等が帰った後、後片付けの時に思わずため息が出るような汚しっぷりもなくなってきて、こちらが逆に拍子抜けするほど。

料理をする事自体、子ども等にとっては貴重な体験ですが、バターの箱や小麦粉の袋等に書かれた量や重さを調べたり、計量カップで量を測ったり、秤で重さを測ったりは、学校で算数の勉強として習った、グラム、キログラムだとか、リットル、ミリリットルだとかを生活に関わる知識として体験する、「生活体験」の場という意味も。もちろん、うちとしては、「ものづくりの楽しさを味わう」が最優先事項で、時として脱線もありの場ではありますが、何かと、子ども等に「生活体験」の場が不足している昨今ですので、料理に限らず、もの造りの体験自体、「生活体験」の不足を多少でも補う役割を担えるのでは、と意識しながら題材を選んでいます。

実際に効果のほどが分かるのは、10年後、20年後の事になりますので、手探りしながらという事にならざるを得ないのが、悩ましいところではあるのですが。
続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 22:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
自己肯定感が大事です。

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



うちの教室、その時々の(私の、あるいは子ども達の)気分によって、お絵描きもしたり粘土遊びもやったり、なので、一応、「造形教室」と名乗っておりますが、やはり中心は工作教室、手造りおもちゃが主です。

自慢じゃないですが、手造りおもちゃ、しかも下は3歳、5歳なんて連中の造ったおもちゃなんて、最初からすんなりうまく動いてくれる事は超まれであります。完成と同時に「おじさん先生!ここ、動かない!!」って声が次々と。それを、手伝ったり、こちらの指示に従って調整したりして、どうにかこうにかうまく動くと、どの子も、オチビさん達は特に、何とも満足そうな笑みが浮かびます。

クギを打ったり、ノコギリで竹を切ったり、キリで穴を開けたり、経験の積み重ねも、無論、大きな意味がありますが、一番の肝は、この笑顔。大人からすると、ガラクタとしか思えないような作品でも、自分の手で造ったものがちゃんと動いたって満足感が、成功体験の積み重ねになります。

この積み重ねが自己肯定感を育み、色々なものに挑戦しようとする積極性が生まれ、少々の失敗でも簡単にはへこたれない粘り強さに繋がってくるので、子どもを育てる上で、いかに成功体験を経験させるか、いかに自己肯定感を育むかっていうのは、最優先課題と言っても言い過ぎではないと思うんですが、何故か、この国では、成功体験に満足させるのを良しとせず、「次はもっと頑張れ!」とより上の到達目標を設定し、結果的に自己肯定感をすり潰すような育て方が、「厳しく育てて、子どもの才能を伸ばす子育て法」だと思っている大人が多いのは、困ったものです。
続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 16:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ビー玉落とし ピタゴラ風

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



Eテレの”ピタゴラスイッチ”って番組が子ども達に大人気で(「子ども達に」とか言いながら、自分も度々視聴したりしておるのですがww)、なにせ、工作教室だもんですから、以前から「ピタゴラ造りたい!」、「ピタゴラやらせて!」って声が上がっていて、さりとて、子ども等にあれを造らせるとなると、こちらもそれなりに知恵を絞らないといけないわけで、あんまりじっくり知恵を絞っている時間的余裕がない状況が続いていたりして、ついつい先延ばしにしていたんですが、 理科の探検 って雑誌の今年(2017年)8月号がちょうど自由研究の特集号で、かっこうのネタを見つけ、早速試しにらしきものを造って見ました。

その時の試作品がこれ。

ピタゴラ風ビー玉落とし



続きを読む >>
author:Uncle K, category:手作りおもちゃ 製造法, 16:19
comments(2), trackbacks(0), pookmark
ロボットは文章を読めない では子どもたちは「読めて」いるのか︖

JUGEMテーマ:手造りおもちゃ



先日、久し振りに、幼稚園の年中さんが、3才の弟を伴って入会。しばらく、教室内をウロチョロして、あれこれ興味深げに古い作品等手に取ったりした挙句、「水彩絵の具で絵を描きたい」と言い出したので、一緒に筆洗に水を汲んだり、あれこれバタバタと準備をして、急きょお絵描きの時間に。

途中、適当なところで画用紙を交換してあげたり、何度か筆洗の水を交換したり、けっこう世話はかかるのですが、いかにも気持ちよさげに精力的に筆をふるう姿を見て、「ああ、このぐらいの年齢だと、こんなに自由に絵が描けるんだよなぁ。」と、こちらも楽しい気分に浸らせてもらいました。絵の出来不出来以前に、「ウニがヒトデに食べられる!!」とか、「ダイオウイカが!!!」とか、次々イメージが湧いてくる様は、見ていて、ほんと、清々しいです。(連れてみえた保護者の方のお話では、その類の図鑑を開いて眺めるのが大好きなんだとか)

お絵描き


まあ、長年こんな事やっているんで、これが、これから、字を覚えたり、色々覚えてくると、段々勢いがなくなってきて、小学校へ行くようになると、あっという間に委縮したような絵しか描けなくなる子が多い事を思い出してしまって、いかんのですが。

閑話休題。

先日のYahoo!ニュースに、「AI研究者が問う ロボットは文章を読めない では子どもたちは「読めて」いるのか?」 って記事が。

内容は、「ロボットは東大に入れるか(東ロボ)」プロジェクトで知られる人工知能(AI)の研究チームが、子どもたちの読解力を調べるテストを始めたってお話。
続きを読む >>
author:Uncle K, category:子供の時間, 16:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark